医薬ビジランスセンター(NPOJIP)へようこそ

No.56 [特集] リウマチとそのくすり  2014年10月 発行
      胃にやさしい痛み止めって本当?
      知っているのに書かない記者たち

季刊誌56号

「夢の新薬」「画期的新薬」「副作用の少ない薬」など、薬剤の効果を宣伝する情報には事欠きません。

 一方、本誌の特色は、薬剤の利益だけでなく害もきちんと評価することにあります。購読料だけで成り立ち、どこからも資金援助のない 独立・中立の医薬品情報誌という立場で独自に薬剤を評価しています。

 例えば、今、米国で裁判になり製薬会社敗訴判決が出ている(2014年9月現在)糖尿病治療薬薬剤アクトス(武田薬品)は、 本誌創刊号(2000年1月)で「危ない」としました。その後も、糖尿病や高血圧、コレステロール低下剤、 ベンゾジアゼピン系の薬剤(抗不安剤、睡眠薬など)は、特集やトピックで繰り返し取り上げてきました。不要な薬剤を処方され、 ますます悪化する、害が出るなどの人が多いからです。

 そして今回の特集は、読者から要望の多かったリウマチとそのくすりです。


もくじ

 Main Feature 特集 リウマチとそのくすり
 特集を読む、その前に・・・                     編集部

 患者と医師の話し合いがより良い医療を生む              本沢龍生
   ーリウマチクリニックからー

 宵越しの傷は持つな!                        浜 六郎
   ーリウマチと治療薬剤を徹底解剖するー

   万病の元は炎症、炎症の元はストレス
   《宵越しの傷は持つな》療法ーその根拠
   リウマチ用薬剤の評価ーアセトアミノフェンとNSAIDs
   リウマチ用薬剤の評価ー免疫抑制剤

 薬剤リスト
   薬物治療が必要な場合
   限定使用の薬剤
   危険・無効・不要な薬剤

 セレコックスが「胃に優しい痛み止め」は本当?             安田能暢

  Overseas 海外情報
 サルからバナナを取り上げる                      坂口啓子

  Series 連載
 ■ 医師国家試験に挑戦しよう!(22)                  木元康介
 ■ コーヒー無礼区 方言と専門用語                   坂口啓子
 ■ リレーエッセイ 臨床研究の不正事件に思うこと            浅野泰世
 ■ みんなのやさしい生命倫理(56) 生老病死(26)            谷田憲俊
 ■ 新・市民の視点 知っているのに書かない記者たち           隈本邦彦
 ■ 質問箱
   @がん研データは信用できる?
   A55号22頁の図6について
 ■ 医師国家試験の解答と解説

  Others
 お知らせ:2015年1月 本誌リニューアル!
 読者の声
 書評
 バックナンバー一覧 / 書籍申込用紙
 編集後記/奥付